副作用の少ない腹痛薬

副作用の少ない腹痛薬

胃もたれや腹痛などに効き化学薬品、防腐剤を殆ど含んでいない、副作用の少ない薬として有名なのが、陀羅尼助(だらにすけ)と、わかのうら薬です。

奈良県民は陀羅尼助(だらにすけ)、和歌山県民はわかのうら薬が昔から庶民に親しまれています。近年はどちらも全国的に広まっているようです。知る人ぞ知る体に優しく、よく効く腹痛薬です。

急な下痢で、下痢止めや腹痛薬を飲むと翌日から便秘で苦しむことになることが多かったのですが、この薬は飲んでも便秘になりませんでした。

私やポンタヌママも、腹痛の時は必ずといっていいほど飲みます。

化学薬品や防腐剤などが体に合わない人には、こういった昔からある薬は本当にありがたいものです。

陀羅尼助(だらにすけ)

吉野山(奈良県)は古代より修験者が集まる霊場として有名です。
この聖なる地で荒修行に耐え、厳しい自然との戦いの中、彼らはキハダの樹皮から名薬を作り出しました。

歴史

それは、修験道の開祖である役の行者(役ノ小角)が今から1300年前大峰山の開山の際、山中に生え繁るキハダを煮てそのエキスを取ったところ、胃腸の病をはじめ色々な、内臓、外傷にも薬効のある事を発見し、7世紀末、疫病が大流行した際、大釜を据えオウバク※を煎じて多くの病人に飲ませ救済したと伝えられています。

永い歴史の中、地道な研究と努力で大和の名薬「フジイ陀羅尼助丸」として人々にゆっくりと浸透していきました。
当薬房は約300年前より役ノ小角行者(えんのおづぬぎょうじゃ)のその製薬秘法を拝承し、家庭用常備薬として広く愛用されています。
※オウバク・・・キハダという木の樹皮を剥いで乾燥したものが生薬名「オウバク」と呼ばれているのです。キハダは、ミカン科の落葉性樹木で樹皮の裏が黄色いため「黄肌」とも呼ばれています。

『陀羅尼助』は、昔から奈良県吉野・大峰山系に広く伝わる胃腸薬です。その歴史は古く、現在よりさかのぼること1300年ほど前のお話になります。 大峰山・山伏修験道の開祖、役の行者(役ノ小角)が大峰山開山のみぎり、山中に生え茂るキハダの皮を煮てそのエキスを用いたところ、胃腸の病をはじめ色々な内臓、外傷にも薬効のあることを知りました。7世紀末に疫病が大流行した時には、大和国葛城(現在の御所市)にある境内にて、大釜を据えキハダを煎じ病人に与え多くの人々を救済したと伝えられています。

その際、キハダの皮を煮詰めながら「薬を飲む人が救われるように」と念を込めて、自身の念持仏である孔雀明王陀羅尼経を唱えていたのが『陀羅尼助』の名の由来と言われています。

山伏とは、山岳が持つ自然の霊力を身に付けることを目的とし、山中で修行する修験道の行者で「修験者(しゅげんじゃ)」とも言います。

山伏は密教との関わりが深く、密教で重視 される経文が陀羅尼経です。これが梵語(サンスクリット語)のdarani(ダーラニー)の音に漢字をあてたもので「善方をよく持して散失せず、悪法をさえぎる力」と訳されていま す。梵語で書かれた長い経文を声に出して読むと、様々な障害が取り除かれ種々の功徳を受けるといわれており、病気の時など唱えることでたちまち快癒すると いわれています。

そういった「陀羅尼」の経文と「救いたい、助けたい」という思いが重なって『陀羅尼助』という名につながったのではないでしょうか。奈良県吉野地方で『陀羅尼助』は “なんにでも効く はらいたの妙薬” として重宝され、いまも常備薬として用いられています。

陀羅尼助丸(大峰山) 分包箱入り(60包) 吉野勝造商店

陀羅尼助丸(大峰山) 分包箱入り(60包) 吉野勝造商店

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第3類医薬品】陀羅尼助丸 60包(1包30粒)KENPO_04
価格:2019円(税込、送料無料) (2018/4/20時点)

『陀羅尼助』の原料であるキハダは、ミカン科の落葉性高木で樹皮が黄色いため「黄肌(きはだ)」の意味です。この樹皮を剥いで乾燥したものを生薬名で「オウバク」と言い ます。「オウバク」は苦味健胃薬と言われており、口に含むととても苦味があります。この苦味が胃腸などの消化器官を刺激し、消化液の分泌作用を促進しま す。その苦味も山伏たちに利用されていたようで、お堂にこもってひたすら「陀羅尼」を唱え続ける「陀羅尼行(だらにぎょう)」という修行があるのですが、その修行があまりに長く、 ついつい睡魔が襲ってくるので眠気覚ましにキハダの皮を口に含んでいたようです。

だらすけは 腹よりはまず 顔にきき

という川柳があります。これは天保時代(江戸後期)に読まれた句なのですが、『陀羅尼助』の持つ苦みで顔 が歪む様子をおもしろおかしく上手に詠んでいます。『陀羅尼助』は修験道・信仰の広がりとともに山伏たちによって日本各地に広がっていったと言われてお り、長野県は御嶽山の「百草」、鳥取県は大山の「煉熊(ねりぐま)」、愛媛県は石鎚山の「陀羅尼薬」は、名前こそ違いますが『陀羅尼助』と同じキハダを主とした薬です。ま た、大峰山に参拝に訪れた人たちが『陀羅尼助』を土産に買い求め、持ち帰ったことも『陀羅尼助』が日本各地に広がっていく力になったようです。

江戸時代、 川柳といえば町民・庶民たちの娯楽でもあり文化でした。そこに句として詠まれているということは、『陀羅尼助』がいかに当時から人々のあいだで親しまれていたかがうかがえるのではないでしょうか。そしてこの頃から近年にかけ、家庭の常備薬としてさらなる広がりをみせていきました。

効能・効果

食欲不振(食欲減退)、胃部・腹部膨満感、消化不良、胃弱、食べ過ぎ(過食)、飲み過ぎ(過飲)、胸やけ、もたれ(胃もたれ)、胸つかえ、はきけ(むかつき、胃のむかつき、二日酔い・悪酔いのむかつき、嘔気、悪心)、嘔吐、整腸(便通を整える)、軟便、便秘

※使用上の注意をよく読んで使用してください。

わかのうら薬

歴史

養泉寺は「真宗大谷派、和中の坪、慶長3年(1598年)浄安開基、
寛永2年(1625年)寺号許され安永7年(1778年)第八代誓空中興す。長屋町(今の明光通り)に和歌保命散の薬を製る店あり。」
と紀州徳川史に記載されています。尚、紀州徳川頼宣公が徳川御三家として紀州に入城された時に養泉寺に寺門、厨子に三葉葵入りの阿弥陀如来を戴き、寺紋及び井本家に五葉葵の紋を使用する事を許されました。養泉寺は真宗大谷派の寺院として浄安開基以来、井本の姓にて世襲してきたものであり、そして現在(2003年)第十七代として井本誓亮に至っています。
話は、遠く天正の昔に遡る。天正6年(1579年)5月織田信長が再び石山本願寺(現在の大阪城)を攻めた時、紀州の八豪族及び真宗寺院とその門徒が本願寺に味方して石山本願寺に馳せ参じ、織田の攻め大将の木下藤吉郎と合戦をしたが武運つたなく敗戦し、時の法主顕如上人は、その子後の教如上人と共に堺、岸和田、貝塚、根来、和歌山、御坊山(現在の秋葉山)和歌浦、そして雑賀崎鷹の巣の岩窟に落ちのび、そこを御座所とされていました。
紀州名所絵図によると、鷹の巣とは隼鷹がすむ故に付いた名であり、岩窟は教如窟や、上人窟とも言われています。それからしばらく教如上人はこの洞窟に住まわれ、近衛前久が天皇の勅使として仲裁し京都に居する迄ここにおられました。
この時、上人は郷人がいろいろお世話をした厚意に報いるために色々の記録を書き残されたそうです。その中に『はらぐすり』の処方もあり、それが養泉寺に伝えられたという説と、この洞窟におられる上人に毎日食事を運んでいた人がおり、ある時その人の代理のものが食事を運んだ時に「いつも運んでくれている人は如何したのかと」尋ねられたので、「当人は腹具合が悪く臥せっておるので代理の私が来ました」と言った時、上人が「然らばこれこれの薬草を服ませよ」と仰せられ、早速教えられたように飲ませたところ直ちに治ったる故に書き残して、これが養泉寺に伝えられたという説があります。

効能・効果

下痢、消化不良による下痢、食あたり、はき下し、水あたり、くだり腹、軟便

和歌山県製薬協会

※使用上の注意をよく読んで使用してください。

腸内環境をよくすると、腹痛をあまり起こさない

私は腸内環境を改善することによって便秘や軟便、腹痛が治ってきました。しかし、腸内環境を再び悪くすると、同じ症状が繰り返されます。

腸内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やさないと腹痛に悩ませるときが多いように思います。

腸内環境をよくするには揚げ物や肉類など悪玉菌を増殖さす食生活はできるだけ避け、善玉菌を増やす食生活にすることが好ましいのですが、できればもっと手軽に腸内環境を変えることができるものはないかと思い、この整腸薬に辿り着きました。

その整腸錠は『ザ・ガードコーワ整腸錠α3+』です。

このザ・コーワは昔からある整腸錠でう。

TVショッピングやネットで紹介しているビフィズス菌が腸まで届くと謳っている高額な商品なども一通り試しましたが、まったく効かない商品やカプセルが固すぎて胃から腸に届き腸でもカプセルの殻が溶けず、そのままトイレに流れていくことがありましたが、このザ・ガードは確実に効果が表れました。

この第3類医薬品は、善玉菌の代表格ビフィズス菌を配合しています。ただこのビフィズス菌は胃酸に弱いといわれおり、なかなか大腸まで自力では辿り着けません。

しかし『ザ・ガードコーワ整腸錠α3+』は、

胃酸に弱い生菌を守るため制酸力を強化

胃酸に弱いビフィズス菌や乳酸菌を、より多く生きたまま大腸に届けるため、沈降炭酸カルシウムに加え、水酸化マグネシウムを配合。
制酸剤の組み合わせを変更し、胃痛や胃部不快感を改善する作用もあります。

ビフィズス菌と乳酸菌が、納豆菌とともに生きたまま大腸に届くよう処方設計されています。

この薬が、実感できるようになる効果・効能は

整腸(便通を整える),軟便,便秘,胃部・腹部膨満感,消化不良,もたれ,胃弱,食欲不振,食べ過ぎ,飲み過ぎ,吐き気,嘔吐,胸やけ,胸つかえ,胃部不快感,胃重,胃酸過多,げっぷ,胃痛

・乱れがちな便通が整ってきます。

・便秘を解消してきます。

・軟便などの便の形状が整ってきます。

・おなかのハリをなくし、ガスが溜まりにくくなります。

と、書いてありますが、まさしく書いている効果が実感できました。

陀羅尼助や和歌の浦薬は腹痛には即効性がありますが『ザ・ガード コーワ』おなかを整える整腸薬です。私は、他の整腸薬よりかは早く効き目を実感しました。

一日食後3回(3錠)を飲み続けるだけで腸内環境が格段に良くなってくるはずです。

副作用も少なくアレルギーにも効きましたので、良ければ一度お試しください。おススメします。

この『ザ・ガードコーワ整腸錠α3+』は、お近くの殆どの薬局で販売していると思います。

【第3類医薬品】ザ・ガードコーワ整腸錠α3+ 550錠【第3類医薬品】ザ・ガードコーワ整腸錠α3+ 550錠  2,435円

🏠ホーム

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。