キャンピングカー LPガスボンベよりカセットガスボンベの方がECO

キャンピングカーLPガスボンベよりカセットガスボンベの方がECO!

今回はキャンビングカーのキッチンのガスコンロを紹介します。

前に乗っていたキャンビングカーのFFヒーターとコンロに送るガスの供給源は、だるま式のLPガスボンベでした。このだるま式のガスボンベは我が家の近くにはガスを充填してくれるところがなく、仕方ないので我が家のプロパンガスを供給してくれる会社に頼み、その会社が市内の本社に持って行き、そこで充填してから我が家に配達してくれていました。

主に冬場、FFヒーターで使用することが多かったので、このガスボンベの充填は結構、時間も費用もかかりましたが、今回乗り換えるキャンピングカーはカセットコンロ式のガスコンロが良いと考えました。

nutsクレアエボリューション5.3Xのキッチン

nutsクレアエボリューション5.3Xのキッチン

nutsクレアエボリューション5.3Xガスコンロ

nutsクレアエボリューション5.3Xキッチン

このカセットガスボンベはキッチン右下の扉を開けた下にあります。

2本同時にガスが出るしくみなので、ガスが無くなるのも同じスピードです。旅先でガスが無くなった場合でもカセットガスはどこにでも売っているので安心です。

しかしながら、前のキャンピングカーもそうでしたが、キャンピングカー内のガスコンロは火力が弱いのであまり使わず、主にカセットコンロを使用することが多いです。

どちらにせよ、カセットガスボンベですので切らしても安心です。

因みにクレアエボリューションのFFヒーターの燃料源は軽油ですので、料理以外、ガスは使いません。

FFヒーターとは、アイドリング停止中でも使用でき、エアコンよりも素早く室内を温めることができる燃焼式ヒーターです。ベース車の燃料を使用するため給油の手間が省け、燃料1リットルあたり約8時間(最高出力で約4時間)の作動できるなど、省エネ性能にも優れています。 燃焼の排気は室外に排出するため、室内の空気をクリーンに保ちます。アイドリングを停止した状態でも作動するため、冬の寒い日の冷えた室内でも、素早く温めることができます。

楽天

イワタニ カセットガスストーブ ポータブルタイプ マイ暖 CB-CGS-PTB
Amazon

イワタニ カセットガスストーブ ポータブルタイプ マイ暖 CB-CGS-PTB

【キャンビングカーを購入する前に知っておくべきこと、失敗しないキャンビングカー選び】

⌂ホーム

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。