三菱デリカ D5 走行距離からみた耐久性

三菱デリカD5何キロ走ったら壊れるか?

はじめに

実際、デリカD5クリーンディーゼルの走行距離からみた耐久性はエンジニアの方々もあまり知られていないのかなぁと思います。

ポンタヌママが大の三菱ファンで、昔からパジェロやギャランを載っていました。当時の私は三菱車に抵抗があったもののママの鶴の一声で初めはデリカD5(ガソリン車)を平成25年2月に新車で購入しました。

まずディーラーさんで思ったのは三菱の店員さん心ある方が多い印象を受けました。他の大手のディーラーさんでは売りたい一心に必死で営業をかけてくるのに対し担当された方が良かったのかも知れませんが、三菱の店員さんは買って欲しい感をあまり出さず、親身になって対応するのだなと思いました。

デリカD5納車の日、生まれて始めて三菱車のハンドルを持ちました。乗り心地はかなり良かったです。大手メーカーの同クラスの車にもひけをとらない、否それ以上の乗り心地。4WDなのに振動や音もあまりなく駆動力もすごく良かったという印象を受けました。

昔から三菱の技術者は天才肌が多いと聞いていましたが、まさにその通り。

しかし、ユーザーの購買意欲を掻き立てるのはあまり上手くないように思いました。

某メーカーのようにコントロールパネルやスイッチボタンを増やし遊び心を刺激したり、GPSを利用し車が今どの位置にあるのかをスマホで確認するセキュリティーや、まるで車にコンシェルジュがいてるような過剰なまでのサービスがあったりする他社メーカーは、ユーザーの購買意欲を掻き立てるのが非常に上手です。一方、三菱自動車は高い技術力がありながらあまりユーザーの購買意欲を刺激するのは興味がないように思えました。

三菱デリカD5は、内装はいたってシンプルです。

近年、一般的な車のセキュリティシステムのイモビライザーがありますが、もうすでにイモビカッターというセキュリティーを解除するモノが犯罪者に出回り一旦、狙わられたら盗まれるのが現実です。しかし、三菱のデリカD5のセキュリティは鍵穴に何かを入れたら警報音が作動する素晴らし技術があるのですが、そのことをあまり宣伝に使わず必要ならどうぞというスタンスです。もっと、消費者の購買意欲を掻き立てるようなパンフレットや宣伝文句があるはずなのにPRは控えめです。

まぁそれでも、うちのママみたいにロングユーザーが多くいてるのは三菱の車自体が本当に良いからだと思います。近年、燃費不正などの問題もありましたが、それでもあまりユーザーが減らず、販売店の売り上げ率いうと一番売り上げがあがっているメーカーなのです。他の車メーカーに比べ三菱ディーラーの店舗数はかなり少なめですが売り上げ率だけでいうとナンバー1です。

私は今まで、価格が高いから良い車だと思い込んでいました。それに、外見や内装が斬新で魅了される車を選んでましたが、三菱デリカD5はそんな私の常識を払拭させる車になりました。

デリカD5クリーンディーゼル 20万km突破

デリカD5≪ガソリン車≫

私たちは車でよく長距離を走りることが多いので、壊れにくく頑丈そうなデリカD5をポンタヌママが選びました。

ここでは排気量がどうのトルクがどうのという話はさておき、タイトルの通り走行距離による耐久性に焦点をおきます。

平成25年2月に購入したデリカD5(ガソリン車)は平成27年5月時点で走行距離は175.000kmでした。

写真がないのが残念ですが・・

17万キロ過ぎたあたりから、車の調子がおかしくなりちょくちょくエンジンが停止しました。ディーラーに診てもらうと「距離が距離ですから」と言われ、結局は原因不明とのこと。この少し前にエンジン音が変わってきたので診てもらったところコンプレッサーの不具合かもしれないということだったので無償で交換をしてもらいましたが、問題の音は無くなりませんでした。次第にエンジンルームから聞こえてくる音が大きくなり、エンジンがたまに停止するようにもなりました。もうそろそろ店員さんが言うように距離が距離なので限界かなと思ってる矢先に、またしてもポンタヌママの鶴の一声で私が以前から気になっていたデリカD5のクリーンディーゼルを購入することに決まりました。

因みにデリカD5(ガソリン車)にかけたメンテナンスは

5千km毎のオイル交換・1万km毎のエレメント交換・ブレーキパットの交換・ワイパー交換・タイヤ交換・コンプレッサー交換・10万キロ過ぎる前のベルト交換ぐらいの一般的なものでした。

私達は、高速道路や田舎道、街中もよく走りました。割合でいうと高速道路が5割、田舎道が3割、街中が2割でした。

※デリカD5の走行距離による耐久性は、車の製造過程の当たりハズレや運転の仕方、メンテナンス状況、走行状況などが大きく影響すると思いますので参考程度にしてください。

自動車保険は比較で安くなる!

デリカD5≪クリーンディーゼル≫

デリカD5クリーンディーゼル壊れるまで何キロ走るか?

平成27年5月新車で購入

平成29年11月までの走行距離 211,877km

これまでのメンテナンスは、オイル交換5千~6千5百km毎・エレメント交換1万~1万3千毎・ブレーキパット交換・ベルト交換・オートマオイル交換・タイヤ交換です。

オートマオイルを半分入れ変えると、格段に音が良くなり新車当時に戻ったような感覚になりしました。

やはり、ガソリン車と違いクリーンディーゼル車は頑丈でした。

しかし、20万キロを超えたあたりからエンジン音が少し高くなり始めました。普通のトラックのような音がし燃費も普段なら1リッター12km~13km走るのですが20万キロ超えるあたりから急にリッター10km~11kmになってきました。購入当時はディーゼル車なのにかなり音が小さいと思っていましたが、20万km超えると1.5t車のトラックの音に似てきました。

デリカD5の防音は防音シートを普通車の2倍施していると聞いていたのですが、なぜかトラックの音のような音がし、燃費も1.5tのトラック並みに変化しました。

それでも、エンジンの調子はよくまだまだ走るなという感じがしましたが、三菱のディーラーにオイル交換に行ったときデリカD2マイルドハイブリッドを気にいってしまいました。20万km以上も走行していたにもかかわらず、かなり高値でD5を下取りしてくれたのと、最近の原油価格の高騰もありデリカD5クリーンディーゼルを下取りにだし、次はデリカD2マイルドハイブリッド(スズキ ソリオバンディット)を購入することに決めました。

デリカD5クリーンディーゼルの走行距離による耐久性を最後まで見届けることはできませんでしたが、私の主観からするとメンテナンスを怠らなければ余裕で30万kmは突破できると思います。

デリカD5クリーンディーゼルは本当に頑丈な車でした。

※ただ一つ、三菱にクレームを言いたかったのは、電子ロックキーの電波が弱いのかどうかわかりませんが、少し車から離れるとリモコンの電波が届かずドアの開閉がしにくかったので改善して欲しかったです。

※デリカD5の走行距離による耐久性は、車の製造過程の当たりハズレや運転の仕方、メンテナンス状況、走行状況などが大きく影響すると思いますので参考程度にしてください。

21万km突破したデリカD5クリーンディーゼル

21万キロ走行したデリカd5クリーンディーゼルのメーター

硬化ガラスコーティング剤 ピカピカレインPREMIUM ( プレミアム ) 滑水性 [TOP-PREMIUM] HTRC3

簡単に自分でできるコーティング剤

硬化ガラスコーティング剤 ピカピカレインPREMIUM ( プレミアム ) 滑水性 [TOP-PREMIUM] HTRC3

販売個数13万個突破!車コーティング剤

(アウト-エムピー) AUTO-MP 車種専用設計 4層構造 デリカ d5 サンシェード 車中泊 カーテン 仮眠 盗難防止 紫外線 日除け 10枚セット

(アウト-エムピー) AUTO-MP 車種専用設計 4層構造 デリカ d5 サンシェード 車中泊 カーテン 仮眠 盗難防止 紫外線 日除け 10枚セット 6.890円

次回はデリカD2マイルドハイブリッド走行距離からみた耐久性をアップしようと思います。

平成27年11月新車で購入

平成28年5月現在 25573km

車中泊でいく四季折々の旅

🏠ホーム


コメント

  1. アバター 日高義信 より:

    記事の感想です。
    私と同じで本当に三菱車が好きなんですね。

    私のD5はもうすぐ5年で今8万kmくらいです。
    年金暮らしに突入し経費が苦しいのでよほど買い換えよかとも思いましたが
    自営業で頑張ってやっと手に入れた成功の証しなので今後は趣味として
    乗り続けます。
    大事にすればディーゼルでもまだまだ乗り続けられることに安心しました。

    ありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。