蓮の株分けの仕方

蓮の株分けの仕方

4月前後、ソメイヨシノが咲き始める季節に我が家では蓮の株分けをします。

今回は我が家の蓮の株分けの仕方を紹介します。

1、土を作り、メダカを鉢やバケツから取り出します。

土は田んぼの土と赤玉の細粒を混ぜます。田んぼの土;7 赤玉;3

田んぼの土が手に入らない場合は、荒木田土を購入してください。

細粒の赤玉が無い場合は、小粒の赤玉を足で踏み潰してください。

ヤゴ(トンボの子)がいてないか確認して、もし居てればメダカを食べるので取り出してください。

波須の土作り

水を入れかき混ぜます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

茨城産硬質 赤玉土(細粒)16L【あす楽対応】
価格:820円(税込、送料別) (2018/4/27時点)

蓮を育てる土作り

2、蓮が入っている入れ物ごと、バッカンにひっくり返します。

蓮の株分け

3、生きている株(蓮根)と、死んでいる株(蓮根)を分け、掃除します。

古い蓮根のクビレの方をハサミで切ってていき、新しい蓮根を残していきます。

生きている蓮根は、芽(角みたいな芽)を折らないように気を付けて株分けをします。

もしも、芽を折ると、そこから菌が入り死んでしまいます。

蓮の株分け

4、土の中に、生きている株(蓮根)を沈めます

5、水を入れます。

肥料は、5月初旬に1つ、6月初旬と中旬に1つづつ、7月初旬に1つ 花が咲き終わるとお礼肥を入れます。

6、水が透き通ってきたら、ボウフラ対策のメダカを戻します。

メダカがない場合は、オルトランをほんの少しバケツに入れることで、ボウフラ対策になります。

数日後、浮葉がでてきました。

蓮の浮葉

5月24日 今年最初の肥料を上げました。

5月26日 かなり早い時期にミセススローカムの花目があがってきました。

6月13日

今年のミセススローカムはかなり早い開花になりそうです。

6月21日 開花しました。ほんとミセススローカムは蓮の女王のように思えます。

ミセスすろーかむ

蓮日和(はすびより)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヒメダカ 100匹
価格:1200円(税込、送料別) (2018/4/27時点)

🏠ホーム

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。