西円寺蓮(さいえんじれん)

西円寺蓮(さいえんじれん)

西円寺蓮は、白花重弁のシナバスで、盧山白(ろざんはく)という、ハスの中でも最も美しい品種だといわれています。

蓮の中でも珍しい青バスで山口県の天然記念物に認定されています。

由来

泉州堺(大阪)の玉蓮寺の澄円上人は唐に留学した際、廬山から古いハスの種子を持ち帰り、芸州宮島(広島)、光明院の学信上人に贈りました。

その後、芸州(広島)一円の布教にあたった西円寺十世・法洲(ほうじゅう)和尚は、光明院に詣で、その種子4粒を贈られました。

学信上人の「名師に(種子)を贈るべし」の遺言によるものです。

種子を持ち帰った法洲和尚はさっそく、隠居所の庵にこの種をまきました。文政5年(1822)のことと伝えられています。

のちにこのハスは、近くの西円寺と法船庵(尼寺)に株分けされました。 (出典/ながと歴史散歩)

蓮日和(はすびより)

西円寺蓮

わが家の西円寺蓮

わが家の西円寺蓮

わが家の西円寺蓮

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。